LINK ENGLISH

現場ルポ..............激流/蜷川幸雄 2006 - 2007

      インタビュー1
    2006年初頭
       
 
  エピソード1/ 茂手木桜子
    羊をかぶった少女
       
      インタビュー2
     2006年春から秋
       
      エピソード2/ 前川遙子
   大抜擢
       
      エピソード3/ 神保良介
   26歳のベテラン
       
      インタビュー3
   2006年晩秋から冬
       
      エピソード4/ 遠山陽一
  今が一番輝いている時
       
      エピソード5/ 宮田道代
  裂けたシューズ
       
      エピソード6/ 石田佳央
 まだまだこんなもんじゃねえ
       
      エピソード7/ 泉裕
  おーい、救けてくれ!
       
      インタビュー4
  2006→2007
       
      インタビュー5
  2007
       
      エピソード8/ 鈴木豊
  ホーム&アウェー!?
 
   

[Episode.7 泉裕 おーい、救けてくれ!]

「泉、『コリオレイナス』出演決めたから」

2006年12月10日。ニナガワ・スタジオのエチュード発表が朝から行われていた。その休憩時間、どこかへ電話をかけにいった蜷川が戻ってきて唐突に言った。電話はその決定をスタッフに伝えるためだった。
「は、はい…」

泉はただ呆然と答えるしかなく、あとで蜷川に「もっと嬉しそうな顔をしろよ」と言われてしまった。本当は涙が出そうなくらい嬉しかったのだが。

『コリオレイナス』稽古開始日のわずか2日前だった。

izumi4

泉の出演の決め手はその日のエチュードだった。泉は、スタジオの同期で桐朋学園の先輩でもある江間みずきと組んで『おーい、救けてくれ!』を演じた。
演技が終わり、ちょっと鎮まったところで「よかったよ」と蜷川は朗らかに言い、さらに付け加えた。 「いい俳優になったな」
『おーい』は、過去に、先輩の鈴木豊、堀文明、高橋洋も挑戦しているエチュードの定番。アメリカで活躍した作家ウィリアム・サローヤンの戯曲。訪れた街で行きずりの女性に騙されて牢屋に入ってしまった男が、逃げようとして牢屋で働いている少女に声をかける。少女をあの手この手で騙して牢屋の鍵を手にいれようとする男と警戒する少女がやがて互いの孤独に共鳴し合い心を通わせていくという物語。段階段階で変わっていく、行動と心情をキチンと把握して、表現していかなくてはいけない。とてもスリリングな戯曲だ。途中数カ所ポイントになる箇所があって、そこまでひとつひとつ積み上げながら進めなくてはいけない。一箇所つまずいたらゲームオーバーだ。
「いつも大抵最後までいかないままやめさせられちゃうんです。蜷川さんにとってこだわりのある作品なんでしょうね」

実際、泉・江間組の前に、今年入った新人がやったがあっという間に止められてしまっていた。
「演じながら、あれ、蜷川さん、止めないなぁ、あれ、このシーンまで来ちゃったけど、大丈夫かな?って、横目で蜷川さんの顔色をうかがっていました。見れば、頭の後ろに腕を組んで“やっちゃったな”って顔をしているように見えるし…」

蜷川は最後まで彼らを演じさせた。

男は女性にモテそうな風貌という設定だが、泉は背が低く、やや肉付きもよく、純朴な青年ふう。彼にはこの役は合わないんじゃないかと口をはさむ人もいた。しかし、泉は、この男のもつ世の中への寂しさや怒りの感情は自分にもあり、演じたいと考えた。髪を茶色に染め短くカットして逆立てた。眉も茶色にした。ポロシャツの襟を立て、先の尖った靴を履くと、ナルシズムが沸いて外観のコンプレックスに勝てる気がした。

05年11月の発表会の時、泉はこれまた江間と組んで『杏仁豆腐のココロ』(鄭義信)を演じた。これは、冴えないカップルが部屋の中で様々なことを語る話。「こういう日常は演じられるのがわかったから、おまえたちはもっと先に行け」と蜷川は言った。だから一歩打破するために今回は『おーい』を選んだのか? と聞けば、実は去年から準備していたのだと言う。時間がなくて一年寝かせてしまった。時間があるたびに稽古をしていた分熟成したようだ。
『コリオレイナス』の稽古初日、泉は『おーい』用にかっこよくカットしていた髪を芝居用にさっそく坊主にしてきた。
「太陽も踊り出しそうです!」と、吉報を伝える使者役で登場する泉の弾み具合は、いまこの場で芝居ができる喜びにも思えてくる。

イギリスには仕事では初めて行くことになるが、スタジオに入った04年の秋、一ヶ月間、蜷川演出『ハムレット』(マイケル・マローニー主演のイギリス俳優による公演)の稽古を見学するためにイギリスに滞在した。
「朝食にパンが食べ放題で出るから、それを、朝、昼、夜分とって、一日パンをかじって生活してました。でも、楽しかったぁ。時々蜷川さんが、中華をご馳走してくれました」と当時のことを本当に楽しそうな顔で振り返った。その時一緒にいた俳優は、今は違った道を歩んでいる。
 

12月19日。『コリオ〜』の稽古休みの日、ベニサン・スタジオでは恒例の餅つき大会が行われていた。ベニサンの支配人が、この場所で芝居をする演劇人たちを集めて餅を振る舞う会だ。それに参加した後、スタジオの面々は稽古場の大掃除をはじめた。何年かほったらかしにしていたらしく、かなりのゴミの山。埃もすごいし、ネズミの糞も大量に出てきた。

この日、泉と江間は、自分たちが誉められた記念すべき『おーい』用に稽古場の片隅に建てられた檻を解体した。この檻は数年前に江間がかつて『おーい』をやるために組んでいた俳優・金子岳憲が建てたものだった。既に金子はこの場にいないが、現在は〈ハイバイ〉という自分の劇団で活動している。

barashi1

掃除が終わり、稽古場は見違えるようにキレイになった。稽古場の雰囲気を少し異様に見せていた檻もなくなって、視界が少し広がった。

2005年のエチュード発表ではとても激しく怒っていた蜷川が、今年のエチュードでは「いろいろおもしろかったね」と笑顔で締めた。
「泉と江間はよかったね、ああいうのがあるとカンパニーやっていてよかったと思うね。必死にやっていると風穴って空くんだよ」

▲ページTOPへNEXTページ→


Copyright (C) 2007 the people of the Ninagawa Studio. All Rights Reserved.