LINK ENGLISH

サイトスタッフ

 
企画・構成/木俣 冬 Fuyu Kimata
演劇、映画のプログラム、書籍の編集や取材に携わる。
蜷川演出作品では〈NINAGAWA VS COCOOON〉全4作、『オレステス』などのプログラムを編集。現在キネマ旬報社「アクチュール」にて俳優ルポルタージュ連載中。

デザイン/田淵英奈 Ena Tabuchi
2000年ニナガワ・カンパニー・ダッシュ(現ニナガワ・スタジオ)に入る。
『エレクトラ』『ハムレット』(03年)の小道具プランナーや、スタジオ公演の宣伝美術などを担当している。

写真/藤田俊太郎 Shuntaro Fujita
2004年ニナガワ・スタジオに入る。
当初は俳優として『ロミオとジュリエット』のピーター役などをつとめるが、演出助手に転向、現在に至る。双葉社刊『フォトブック ロミオとジュリエット』にも写真を提供している。

サーバーシステム管理 /仲野慶吾 Keigo Nakano
2004年『ロミオとジュリエット』より、作曲家笠松泰洋氏の音楽助手と
して参加。その後も笠松氏と共にいくつかの蜷川作品に参加する傍ら、今はWEBTV等の映像ディレクターとしても活動中。

翻訳/大河内直子 Naoko Okochi
R.A.D.A.卒業後、日本にて演出助手、翻訳などに携わる。
蜷川幸雄演出作品では『ペールギュント』『身毒丸』『グリークス』『ペリクリーズ』などの演出助手として参加。2004年『犀』、2006年『さすらい』を演出した。

翻訳 /西村あかね Akane Nhisimura
早稲田大学にて、西洋演劇、戯曲の翻訳について学ぶ。卒業後、劇団四季に所属し、舞台監督助手として、「ライオンキング」「美女と野獣」「オペラ座の怪人」の舞台機構オペレーターを2004年の退団まで努める。


Copyright (C) 2007-2017 the people of the Ninagawa Studio. All Rights Reserved.