LINK ENGLISH

蜷川幸雄

 
Ninagawa


Yukio Ninagawa

1935年10月15日生まれ。55年、劇団青俳に俳優として入団。69年『真情あふるる軽薄さ』(作・清水邦夫)で演出家デビュー。現代人劇場、櫻社という演劇集団を経て、74年に日生劇場『ロミオとジュリエット』で大劇場の演出を手がけ、以後、日本の戯曲から、シェイクスピア、ギリシャ悲劇などの世界的な古典まで、幅広い作品を次々と手がける。“疾走する演出家”と呼ばれ、止まることなく、時代と共に走り、時代を映し出す演劇を作り続けている。83年『王女メディア』のヨーロッパ公演を皮切りに海外進出。以後、毎年欠かさず海外公演を行い、その活動は広く海外でも注目されている。

【近年の活動】
05年 歌舞伎座『NINAGAWA十二夜』で歌舞伎の演出に初めて挑んだ。
06年 55歳以上を対象にしたさいたまゴールド・シアター活動を開始。
RSC主催コンプリートワークスに日本で唯一招待され『タイタス・アン ドロニカス』を上演。現在、桐朋学園芸術短期大学学長、東急Bunkamuraシアターコクーン芸術監督、彩 の国 さいたま芸術劇場芸術監督をつとめている。 ロンドン グローブ座のアーティスティックディレクターのひとりでもある。 俳優、スタッフ志望の若者による演劇集団ニナガワ・スタジオの活動も行っている。

【主な受賞歴】
2002年英国の名誉大英勲章第三位を授与。国内では、04年度文化功労者。05年菊池寛賞受賞。06年朝日芸術賞特別大賞、読売演劇大賞・大賞、最優秀演出家賞。 

公式サイトhttp://www.my-pro.co.jp/ninagawa/

Copyright (C) 2007 the people of the Ninagawa Studio. All Rights Reserved.